JKJO公式ホームページは公認大会の空手(karate)と関連する情報を発信しています。

サイトマップ

JKJO参加団体連絡事項・各地区ニュース

前のページに戻る

年に数回開かれる全国会議などのお知らせです。各地区のニュースも掲載。

<連絡事項・ニュース履歴:2012年2月更新の記事>⇒最新ページに戻る

第5回JKJO全日本ジュニア大会、神奈川県代表入賞者が大和市長を表敬訪問(12.02.23UP)

第5回JKJO全日本ジュニア選手権大会において準優勝の成績を収めた大和市在住の選手2名が1月23日、大和市役所を訪れ、大木哲・大和市長へ大会成績を報告しました。佐野光哉代表(フルコンタクトカラテスクール)からの選手紹介と結果報告が行われ、大木市長からは「おめでとうございます。小さいころから努力することは、大人になっていくうえで、とても大切です。これからも頑張ってください」と活躍を讃える言葉をいただいた。その言葉を受け、「来年は優勝目指して頑張りたい」と両選手ともに力強く話していた。当日の模様は神奈川新聞、広報大和、タウンニュースでも紹介されました。

第5回JKJO全日本ジュニア大会、香川県代表入賞者が丸亀市長を表敬訪問(12.02.20UP)

第5回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会で、入賞した香川県代表3名が館長、大会会長と共に丸亀市長を表敬訪問しました。新井市長からは、「この成績に満足せず、さらに上を目指して精進してください。」と、激励していただきました。この日は四国新聞社、中讃ケーブルテレビから取材に来られて、インタビューに応じました。3人は「第6回大会は優勝報告ができるよう頑張ります。」と力強く語りました。

埼玉県知事表敬訪問(12.02.14UP)

1月31日、第5回JKJO 全日本ジュニアチャンピオン3名(埼玉県代表選手)が道場代表者と共に埼玉県知事を表敬訪問した。 最初に星和会館顧問の田村琢実埼玉県議会議員の挨拶、佐々木正光代表(星和会館)から選手と指導者の紹介、上田清司埼玉県知事からは労いの言葉をいただき選手に記念品が贈呈されました。最後に選手を代表し大石昌輝選手からお礼の言葉と今後も空手修行に精進し、来年も訪問できるように頑張ります、と力強い言葉を聞くことができた。

 

横浜市長表敬訪問(12.02.14UP)

第5回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会において活躍した横浜市在住の入賞者7名が林文子横浜市長のもとへ結果報告の表敬訪問を行いました。渡辺氏( 社)フルコンタクト委員会代表 )から大会の概要と入賞者の紹介が行われ、林市長からは労いの言葉を頂いた。 会場には草間つよし横浜市会議員も出席され選手たちの熱闘を讃えて頂きました。その後、林市長が選手一人ひとりに質問をしたり、実際に試合で使用する指定防具を装着してみたりと、和やかな雰囲気で表敬訪問は終了した。

 

 

>>JKJOフルコンタクト委員会