JKJO公式ホームページは公認大会の空手(karate)と関連する情報を発信しています。

サイトマップ
  • 公認審判員認定の流れ(講習会参加者用)
  • 公認審判員認定の流れ(講習会開催者用)
  • 公認審判員の種別と審判員証
  • 公認道場とは
  • 公認道場
  • S級公認審判員(検定員)
  • S級公認審判員(準検定員)
  • A級公認審判員
  • C/D/E級公認審判員

公認審判員認定の流れ(講習会参加者用)

前のページに戻る

  • (1)審判講習会の開催案内に従い、〆切までに申込んで下さい。所属道場がJKJOに参加していれば、案内が道場に届きます。 その他、JKJOのホームページでも随時、案内を掲載していきます。(こちらから書式ダウンロード出来ます。
  • JKJOへの参加は随時受付ています。(団体としての参加、個人としての参加、どちらも可能)
  • 詳しくは、こちらをお読みください。
  • (2)ライセンス受験者は申込時に、「公認審判員受験申込書」も提出して下さい。書き方は記入例を参考にして下さい。
  • 受験申込書が事前に提出されていない方は、当日受験できませんので充分ご注意下さい。
  • (3)ライセンス取得条件
  • ・高校生以上で空手修行4級以上の者が受験資格を有するが、
     所属道場責任者の推薦がある場合はこの限りではない

  • ・C級以上の受験者は原則空手修行5年以上かつ黒帯以上。
     (所属道場責任者推薦のある場合2級以上の者も受験可能。)

  • ・C級以上の受験者は救急救命セミナー講習経験が必要です。
     (所属道場等で救命講習を行った場合、修了書のコピーを提出してください。)
  • ・D級以上はJKJO公認大会で年に2回以上審判実務経験が必要です。
  • (4)ライセンス認定は以下の様に進んでいきます。
  • ・E 級:講習会参加3回目で取得(実技試験)
    ・D 級:E級取得後、講習会参加2回目で受験(実技試験)
    ・C 級:D級取得後、講習会参加2回目で受験(実技・筆記)
    ・B 級:C級取得後、講習会参加2回目で受験(実技・筆記)
    ・A 級:B級取得後、講習会参加2回目で受験(実技・筆記)
    ・準S級:A級取得後、公認大会審判経験2回以上、講習会検定員補佐業務2回以上
         所属地区検定員の推薦を受け受験可能(実技・筆記/S級検定試験年2回開催)
    ・S 級:準S級取得後、1年間検定員実務2回以上、指定大会審判経験2回以上
         執行部の承認を得て受験(実技・筆記/年2回開催S級検定試験でのみ受験可能)
  •    
  • 前回講習会  (4ヶ月期間以上)  講習会  (4ヶ月期間以上)  次回講習会
  • 受験不合格  → (4ヶ月期間以上)  →  再度受験
  • *初参加団体は、事前にJKJO参加申請書を提出してください。個人参加も同様です。
  • *受験したが不合格であった場合は、上記のように講習会を挟まず再受験できます。
  • *ライセンスの有効期間は2年間です。有効期限が切れた時点で1つ級が下がり、
     その日から1年以内に受験し合格した者は現級に戻ることができます。
     1年以内に受験しなかった場合、ライセンス名簿から抹消されます。
  • (5)講習会当日は、公認審判員証を持参し、必ず胸に装着して下さい。
       公認審判員証を携帯しているかも合否判定に関係します。
  • (6)講習会終了約4-5週間後に、合格者には新しい公認審判員証が送られてきます。
  •    JKJO関東地区事務局 → 講習会開催者 → 所属道場 → 本人

>>JKJOフルコンタクト委員会